• トップ /
  • 葬儀に送るお花の選び方

葬儀の供花の贈り方とタイミング

葬儀に送るお花の選び方

葬儀では白色を基調としたお花を

葬儀に送るアレンジメントなどには、お花の選び方が大切です。白い菊のイメージが強いですが、それ以外にも、白色のカーネーションなど白色の物は、多くの種類が大丈夫です。白色以外で、紫やグリーンの物を合わせると、ボリュームが出ますし、哀しみや故人の冥福を祈る雰囲気を出す事ができます。また、少量でアレンジメント全体のバランスを取るためになら、薄いピンクや水色の物も使う事ができます。お花と言うと、華やかなイメージがありますが、葬儀の場では相応しくありません。もし故人の好きな物を送りたい場合には、遺族に相談すると良いです。

供養に最適な花とは一体

供花は故人と親しかった人や葬儀に参列できない人が贈るものです。芳名名札には送り主の名前を書きます。親族一同、会社名などが書いてあるものが多いです。贈るタイミングはお通夜の日の午前中までか、葬儀の日ならできるだけ前日の午前中にします。宗教を確認しておく必要があるので、担当される会社に依頼する人が多いです。平均的な価格は15000円から30000円位です。スタンドをペアにすると金額も倍になります。最近では一基にする人が多いです。色は白に限らず落ち着いた色調にします。キリスト教はご自宅に送り、仏教は式場に届くようにします。

↑PAGE TOP