最後のお別れにお花を贈る

葬儀に贈る供花の相場

葬儀の供花はいくらでしょう。

葬儀には亡くなった方のために花をお供えします。これを供花といい、通夜や葬儀の祭壇を飾ります。故人と親しかった人や遠方のため参列できない人が贈ったり、香典の代わりに贈ることもありますし、親族や会社からも贈ります。宗教や地域によっても違いがあるので担当している会社に相談するのが一般的です。相場は15000円から30000万円です。フラワースタンドは2つペアの形で飾りますが、最近では会場のスペースなどから1基を飾ることが多いです。白に限らず落ち着いた色調のものが中心で、フラワーアレンジや籠アレンジもあります。

花の相場を知るために

葬儀会場に入ると、遺影写真の次に目に入るのが、美しい供花の数々ではないでしょうか。会場両側に、親戚一同、会社名、個人名などでずらりと並んでいる事も多いです。これらは弔意を示すため故人へ贈るものであると同時に、会場が寂しくならないように飾る意味合いもあります。葬儀に参列している方だけでなく、遠方であったりご高齢であったり様々な理由で参列できない方も贈る事ができますが、仏教、神道、キリスト教など宗教の違いで適した種類も違ってきますので、確認する事が必要です。最愛のご家族や親しかった友人などとの最後のお別れは悲しいものです。故人を偲ぶ思いと共に、美しい贈り物をお贈りしませんか。

↑PAGE TOP