• トップ /
  • 葬儀での供花にお返しは必要か

葬儀の際に供花を贈る場合

葬儀での供花にお返しは必要か

葬儀でのお返しマナー

葬儀でお供えとしてお花を頂くことがあります。その際は御礼が必要となりますが、当日は忙しいので直接御礼を伝えることが難しいのがほとんどです。このような場合は電話や手紙で御礼を必ず伝えるのが礼儀です。お礼状には、葬儀が滞りなく終えたことの報告、お礼に加え、相手を気遣う文を添えます。また、供花と香典も頂いた場合には、御礼の手紙とともにお返し(香典返し)をセットにして渡すのがマナーとなっています。人数が多くて大変な場合も、取り仕切る業者さんが用意してくれるものもありますので、それに頼るのも一つの手段です。

花のお返しは必要なのか

お葬式に参列する際、遺族や親族、特に個人と親しい間柄だった友人などが供花を贈ることがあります。これは会場に飾るもので、故人をしのぶ気持ちを表します。最近は香典を辞退するところが増えていますが、その場合に香典に代えて贈ることもあります。籠に盛ったものやフラワースタンドなど、種類はさまざま。価格は種類によって変わりますが、1万円前後が主流です。贈る場合は、葬儀社へ依頼するのが確実です。会場の雰囲気に合い、宗教や地域のやり方にもそったものをそろえてもらえます。お葬式の知らせを受けたら、会場に問い合わせ、担当の葬儀社を教えてもらい、そこへ直接注文するといいでしょう。

↑PAGE TOP